So-net無料ブログ作成
 ・美味しいもの ブログトップ
前の10件 | -

【家族に大人気】さつまいもで作る焼いも栗きんとん [ ・美味しいもの]

昨年秋の遠州バザールで知り合った浜松市内の農家さんから勧められて購入した
サツマイモであれこれ試作したところ、一番人気だったのが焼きいも栗きんとん

栗は一切使用していないのですが、栗のような触感に甘い香りの焼き芋の味の
栗きんとん(栗は使用していません)が大好評でした。

生栗きんとん.jpg
■オーブンで焼く前の(栗)きんとん
今シーズン最初と言うこともあり、まずは500gのサツマイモ(中2本)で
作ってみました。

サツマイモのでんぷんはゆっくり加熱すると糖化が進むため、弱めの火力で
1時間かけてじっくり蒸しあげて、熱いうちに皮をむいて刻み、丁寧に裏ごし
をします。最も大変なのがこの裏ごしですが、その他の作業は簡単です。


裏ごしした芋に重さの25~30%程度のお砂糖と塩をお好みで加えて良く混ぜ、
20~25gほどの餡をガーゼや晒しの布で茶巾絞りにします。



焼き芋栗きんとん.jpg
■オーブンで13分焼いたもの
このままでも十分美味しいですが材料がサツマイモだからなのか、粗塩を振って
オーブンで焼くと表面がカリっと香ばしくなり、娘と妻に大人気でした。


500gのサツマイモだと、2時間程度で30個程度作れて女子に喜ばれますから
男性の休日のスィーツ作りとして如何でしょうか?


一つ注意するとしたら、サツマイモは今流行りのネットリ系よりもホクホク系の
方が向いていると思いますから、品種を調べて購入されることをお薦めします。


nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

東京産カカオで作ったチョコレート? [ ・美味しいもの]

朝の通勤時はFMラジオを聴きながら走っています。

先週、11月13日8時10分放送の「ホンダ スマイルミッション」を聴いて、
大いに興味が湧き、紹介された埼玉県草加市にあるチョコレートOEM製造を
手掛ける「平塚製菓」さんのWEBサイトをチェックし、ラジオで初回された
「東京カカオ」のオフィシャルサイトを読み、ひなたCAFE運営の参考にと考え、
東京産カカオで作ったチョコレートを購入してみました。

DSCF3982.jpg
■同梱されていた手さげ袋もオリジナル
小笠原産のカカオだから東京産カカオと言うのは決して誇大広告ではない
ですよね。



DSCF3977.jpg
凄いのは同社社長が2003年にガーナ視察から自家製カカオからチョコレートを
作ろうと思い付き、すべて手探りの中、2010年に種子を輸入する許可を得て
2011年に小笠原諸島にガラス温室を作ってカカオ農園から始めたこと。
それから色々な人のアドバイスを受けながら、カカオの収穫に至り2015年に
チョコレートを試作し、2016年にプレス発表。

そして、いよいよ今年2019年11月1日、2万個限定で初回発売にこぎつけたこと。

DSCF3979.jpg

2003年と言えば僕が「ひなたCAFE」のビジョンを思いついたのと同じ年。

それから土地探し、コンセプトメイク、建築計画、店舗作り、メニュー作成から
カフェをオープンし、2014年に手作りジャム工房へ転向し今に至ったわけで、
ひなたCAFEの今後を考える上で参考になるのと、応援の意味を込めて購入する
事にしました。

うちでもユズ、レモン、ライムの苗を植えて育てているため、こういう歴史も
シンクロしたようです(笑)


DSCF3962.jpg
■TOKYO  CACAO 2019
缶製のパッケージ!
本体3,240円(税込み)+送料693円と確かに高価ではあるものの、直接販売
だと今年の2万個の売上げは6千万円。

このパッケージだけでもかなりのコストウェイトを占めているし、到底今年一年
で黒字になるわけがない。



DSCF3975.jpg
缶容器を開けるとようやく本体のチョコレートに会えるわけですが、
そこここにこれまでの苦労や想いを伝えるようになっていて、長いこと
新規事業を担当していたため、何か共感するものがありましたね~


今回は「味覚体験を買う」以前に「想いを買う」ことにしたわけですが、
うちのお客様も同じ思いで利用していただいていることが、少しだけ
分かった気がしました。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

【レシピ付き】野沢菜漬けは手作りがお薦め [ ・美味しいもの]

2週間前に南信州の遠山郷を訪ねた際、道の駅「遠山郷」で生の野沢菜が販売されて
いたため、2束購入しました。
お値段は1束120円でしたから2束で240円(税込み)。
DSCF3902.jpg

自宅で計ってみると1束1kg、合計2kgの生の野沢菜で野沢菜の醤油漬けに挑戦して
みました。

作り方を調べてみると野沢菜漬けには、塩漬け醤油漬けがあり、いつも購入していた
のは醤油漬けのようでしたから、醤油漬けを選択。
DSCF3951.jpg

1週間程度で食べられるようになりましたが、2週間経った方がより美味しく
いただくことができています。

妻も「売っているのとはちょっと違うけど、これはこれで美味しい♪」とビールの
あてに楽しんでくれました。


今回、野沢菜を漬けて分かった事ですが、野沢菜の醤油漬けは「和風ピクルス」
だと言うこと。

漬け汁の材料は、醤油、お酢、砂糖、本みりん、唐辛子だけ。
あの酸味は、乳酸発酵によるものではなく、食酢の酸味で甘味は砂糖によるもの
でした。
塩漬と違って塩分控えめですから、冬の緑黄色野菜が不足する時期でも多めに
食べる事が可能になるわけで、美味しいだけでなく山間で健康に生きるためにも
合理的な調理法だと言うことがわかりました。


【レシピ】 生の野沢菜2kg分 ※大人二人で2~3週間分
 ①野沢菜   ・・・ 2kg
 ②しょう油  ・・・ 370ml ※淡口醤油の方が仕上りが綺麗だと思います。
 ③砂糖    ・・・ 120g
 ④食酢    ・・・ 160ml
 ⑤本みりん  ・・・ 120ml
 ⑥鷹の爪   ・・・ 適宜  ※お好みで

1.野沢菜は株の根元に泥汚れがたまっているので、流水で良く洗い水を切る。
2.漬け汁を作る
  材料②~⑥を混ぜて砂糖を溶かす
3.ポリエチレン袋に、1で洗った野沢菜を丸めて詰めていく。
4.詰め終えたら2の漬け汁を回しかけて、袋の空気を抜いて漬け汁が全体に浸る
  ようにし、口をしばって漬け樽に入れて野沢菜の重量の3~5倍の重しをする。
5.1日程度で水が出てくるので、袋を手でもみ漬け汁を全体に回して濃度を
  均一にする。
6.5日~1週間で全体的にしんなりしてきたら食べられます。
  ジップロックなどに小分けして冷蔵庫で保存します。10日間以上漬けた方が
  味が馴染みますからより美味しくいただけます。

材料も調理もシンプルで簡単ですから、生の野沢菜が手に入るようでしたら
是非とも自分で作ってみることをお勧めします♪

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

21年ぶり 安曇野そば処「双葉」 [ ・美味しいもの]

浜松にUターンしたばかりの21年前の秋。
我が家にまだ子供が居なかったため、実家の両親を誘って紅葉を観るため初めて
安曇野へ一泊旅行をしました。

安曇野に到着したのが丁度お昼ごろ。
あらかじめ妻がガイドブックで選んだお蕎麦屋さんに入ったところ、期待通りの味と
雰囲気で両親は「あそこの蕎麦は美味しかった!」と言っていました。


今回は急遽、安曇野行きを決めた訳ですが、出発日の朝、妻から
「どの辺りだったか思い出して!」と聞くため、21年前の記憶を頼りに
「この辺りじゃないかな?」と言うとGoogleマップで検索し「ここじゃない?」
お店を突き止めてくれました。

「ああ~、確かここだ!」

住所と電話番号、営業日時をスマホに入力して一人出掛けました♪


DSCF3325.jpg
■信州そば
安曇野産の下ろし山葵をからめていただくのがお薦めとの事。

うん、普通に美味しい♪
気楽に食べられるお蕎麦としてこれはこれで十分ですが、前回気づかなかった
「ソースカツ丼」も定番の人気らしい。


せっかく来たわけだし、メーカー勤務時代に全国を主張した折に、新潟、福井、
駒ヶ根など各地のソースカツ丼店を食べてきたため、お蕎麦とソースカツ丼のセットを
注文してみました。


DSCF3323.jpg
■ソースカツ丼
僕はどちらかと言うとダシの効いた卵とじのカツ丼が好きなのですが、ここの
ソースカツ丼はトンカツの味がとても好みで運ばれた時のソースの香りから一瞬で
「あっ、これは好きなヤツだ!」と確信しました。

お蕎麦とカツ丼の両方を一食でいただくのは辛い年齢になっていますが、
幸い両方とも量を減らしてくれていることもあり最後まで美味しくいただく
事ができました♪


今回は珍しく食レポになってしまったのは、それ程ソースカツ丼が気に入ったから。
食レポを書くつもりは毛頭無かったため外観写真はありませんが、気になった方の
ために、最小限の情報を残しておきますね。

■安曇野そば処「双葉」
〒399-8301 安曇野市穂高有明3617-45
0263-83-5656
水曜定休、11時~15時、17時~19時
※1時間前後の待ちは覚悟しておいた方が良いと思います。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

家族に大人気!この冬2回目の白菜漬け [ ・美味しいもの]

昨年大晦日に白菜1株を漬けたところ、家族に大好評で「あっ!」と言う
間に完売となってしまいました(笑)

それに気を良くして、今回もファーマーズマーケットで浜松産の白菜2株と
細江町産の鷹の爪を購入しました。

DSCF1607.jpg
白菜は縦八つに割き、半日干して水分を飛ばし塩漬けします。



口にした時に爽やかな香りを感じる柚子は自家栽培のもの。

DSCF1610.jpg

前回は塩辛さが気になったので、マイルドにするために米麹を加えてみる
ことにしました。

3日位からでも食べられますが、1週間漬けたものがとても美味しかったため、
今回はジッと我慢して熟成するのを待っています(笑)


高校生の長女から「白菜漬けまだ食べられないの?」と2回聞かれのは
きっと美味しかったからだと思います。
近い将来「お父さんが作る白菜漬けが食べたい♪」と言って貰えたら幸せ
ですね~。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

嫁さんは「常備菜」作りがマイブーム [ ・美味しいもの]

ここのところ我が家の嫁さんは「常備菜」作りにハマっているようです(#^^#)

DSCF4914.jpg
■手作りのナメタケ
「常備菜」 とは、簡単に出来て多少日持ちがする、日々のお食事の手助けとなる
お料理ストックのこと。

「ナメタケ」と言うと、味付けエノキダケのことで、有名なのは「も●や」の瓶詰めナメタケだと
思いますが、 あまりに瓶詰め製品が有名過ぎて手作り出来ることを考えたことも
ありませんでした(笑)

ところが家庭で手作りすれば、食品添加物不使用で砂糖や塩分をお好みで調整できて、
安く作ることが可能になりますしガラス瓶も不要です。


白いご飯にもとても合いますから、子供達もご飯が進むようで、「アッ!」と言う間に
無くなっていきます・・・(@_@)

 

その他、夏野菜のキュウリや茗荷を使ったピクルスも夏には大人気で、こちらも
「アッ!」と言う間に消費されていきますから、作る際は近くのファーマーズマーケットで
野菜を大量に購入して一気に作っているようです。

 

そして、「梅」がとても好きな嫁さんがここ数年作りづけているのが、自家製の梅干し。

DSCF4905.jpg
■梅干しの土用干し
梅雨(ばいう)の頃に収穫された、自然栽培の浜松産完熟梅を塩漬けしたものですが、
梅雨が明けたお盆の頃の強い陽射しに3日間置いて、水分を抜くのが我が家の梅干し。

フワッとしていて食べやすく、お茶漬けやオニギリの具、イワシの梅干し煮などに大活躍
してくれます。

今年も10kgを農家さんから直接仕入れて樽に漬け込んで仕込んおいたものを、次女に
手伝ってもらいながら天日で干していました\(^o^)/


こうして母親から娘に家庭料理は伝わっていくものなんですよね~。 


「常備菜」は働く母親の強い味方として、どうも定着していきそうです。 


nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

初回面談とフキノトウの豚汁 [ ・美味しいもの]

午前中は、新築希望の方の初回面談でした。

「田舎暮らしの現代民家」にお住まいのO川さんからのご紹介で、一度ご自宅に
遊びに行かれた際に、「良いなぁ~」と思っていたそうで、その頃にBlogを読まれて
再度目を通して下さったそうです(#^^#)

Blog続けていて良かったー! 

 

O川さんの家を設計させていただいたのは、今から12年以上前。

この間に子供は成長し、僕自身も年齢と物件を重ね、カフェを起業し、新製品開発
と新規事業の立上げをプロデュースしたことでスキルは5倍以上になったと分析
しています。 


建築(建設)設計を仕事にしようと思った理由の一つが、年齢を重ねることで
仕事に厚みが出る
ことだっただけに、50歳を迎えた年に具体的な相談を
いただいたのが嬉しかった(#^^#)


ご依頼のご判断いただくのは、初回プランをお出ししてからになりますが、

「制約が無ければ一番頼みたいと思っていました!」

とおっしゃられたのは何とも光栄な限りですね(#^^#)


お会いする前に、「熱い想い」を込めたメールをいただいていたため、それを確認
するように話をさせていただき、施主として今から取り組むべきことを説明し、
ゴールへ向けてまずはスタートを切ったと言う感じでしょうか?

クライアントにとっての未来を実現するための原因作りが今まさに始まり、その現場に
立ち会えるのは何とも幸せな瞬間ですね。

 

そんな面談の後、庭に出た蕗の薹(フキノトウ)を収穫しました。

DSCF3110.jpg
■我が家のフキノトウ
天ぷらや素揚げが一般的ですが、 もっと簡単な調理方法を探していたところ、
日経新聞の土曜版にフキノトウの味噌汁のことが紹介されていたことから、試しに
作ってみたところ美味しくて嫁さんに好評♪


僕自身もこの年齢で美味しさが判るようになったこともあり、二日目は具だくさんの
豚汁を作ってみることにしました。

DSCF3114.jpg
お出汁で煮ています

フキノトウは灰汁がかなり強いため、お湯で湯掻いた後、水にさらして程よく
あく抜きすれば、野生の春の香りが楽しめる一品になるようです。

香りと苦味がとても強いため、味噌との相性が良く、味噌汁の具にはもってこい
と感じました。


小五の次女は「苦い!」と言っていましたが、中二の長女は難なくクリア。
子供の味覚を鍛えるためにも、汁だけでも飲ませるのは良いと思いました。
 

蕗の薹の味噌汁、ぜひ試してみて下さい。 


nice!(9)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

浜名湖産の殻付き牡蠣 [ ・美味しいもの]

東日本中心の全国ツアーもようやく折り返し。
新潟駅前の小さなお寿司屋さんのランチが安くて美味しかったなぁ~(^_^;)


寒波の隙間を上手くすり抜けながら移動し、順調にスケジュールを消化しています。
久しぶりに夕食を自宅で取ることが出来ることになったので、地元食材を物色しに
浜名湖方面へお出掛けしたところ、浜名湖産殻付き牡蠣を発見!

夕食の際、焼き牡蠣でいただくことに致しました。 
ちなみにお値段は1粒150円(税抜き)です。

DSCF3051.jpg
■剥いたばかりの浜名湖産牡蠣
カキナイフを使って牡蠣の殻を外すと、「ほわぁ~ん」と生牡蠣の甘い香りが
漂います(^O^)/

このままいただきたいところですが、加熱用ですから今回は焼き牡蠣としていただく
ことにしました。 

 

DSCF3053.jpg
■出来上り直前
浜名湖の牡蠣小屋でいただくと、かなり焼き込むことを求められますが、
そこまでしなくても大丈夫だった経験から、熱が中まで通ったところで、浜松産の
スダチを絞っていただきました。

海水の塩分が丁度良い按配のため、醤油などは一切不要です。

 

子供達に「幾つ食べる?」と聞いたところ、「一つで良い!」と答えていましたが、
実際に与えると、ハフハフしながらも「美味し~い♪」と言って、ペロリと食べてしまい、
殻に残ったスープも飲んでしまいました(#^^#)

 

我が家の庭には、既に蕗の薹が幾つか芽を出していました。
季節は着々と春に向っていますね。

2月からはマーマレードの季節に入りますから、3月のイベントに向けてジャム作りに
励みます。
 


nice!(8)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

白菜漬けを作ってみた [ ・美味しいもの]

昨年の大晦日のこと。
何故かわからないですが、突然「白菜漬け」を作ってみたいと思いました。

もしかすると、2014/12/21放送分のサザエさんで、 「(波平)父さん漬物名人」
を見たから
かもしれません・・・(^_^;)


その放送を見ていた子供達は、僕が「白菜を漬けたい」とボソッと言った瞬間、
ゲラゲラと大笑い。

まっ、そりゃそうですよね~(+_+)


でも、簡単だし嫁さんの梅干し用樽もありましたから、やってみたのがコレ↓

DSCF2657.jpg
■手作りの白菜漬け
これは漬けて7日目のモノ。

使用材料は、、、

 ・白菜・・・1玉半(5kg)

 ・粗塩・・・150グラム(白菜の3%)

 ・だし昆布・・・20グラム(1%欲しかったけどあった分だけ) を細く刻んだもの

 ・鷹の爪・・・3本程度(国産品で家にあった分だけ)を輪切りに。

 ・柚子の皮・・・1個分をみじん切りに

【作り方】
白菜は95%が水分のため漬ける前に少し水抜きをした方が味が締まるようです。
一玉を縦4つに割り、半日程度天日干しにして水分を飛ばす。 

あとは、粗塩や輪切りにした鷹の爪、柚子の皮を白菜の葉と葉の間にまぶしながら、
漬け物樽に隙間なく並べて、重石を乗せるだけ。

漬け物石がありませんでしたが、嫁さんの指示で2リットルのペットボトル5本
(白菜の2倍分の重さ)を載せました。
水の出が悪かったため、2日目に樽の中の白菜を上下入れ替えて、重石の力が
均等に掛かるよう均しました。


すると・・・

白菜から水が出てきますから、重石を半分にします。
塩分を含む漬け汁が、だし昆布や鷹の爪の味をまとって、再度白菜に染み込むと
白菜漬けの完成です。

 

DSCF2649.jpg
7日間でこんな感じ\(^o^)/
元日の午後に漬けたものを、3日目の夕食でいただきました。 

まだ多少生の部分がありましたけど、問題なく食べることができました。
むしろ半分サラダ感覚で、少しづつ熟成されていく様子を楽しむのも良いでしょう。
子供達や嫁さんからも大好評で一食で1/4の半分(1/8玉)が「アッ!」と言う間に終了。 

冬の白菜が甘くて美味しい理由は、寒風で凍ってしまわないよう糖分を葉の白い部分に
蓄えるからだそうです。


この体験で思ったことですが、「衣」「食」「住」と言う言葉がありますね(#^^#)
この中でも「住」については、完全手作りですが 「衣」は殆ど既製服。

最近ではこれらも「製品」では無いものを探すのが難しくなってきています。
そのため、食材から手作りでお料理を作ってみようと思ったのかもしれませんね。

 

僕はやはり他の誰かが作ったモノから選ぶだけではなく、

「自分自身で何かを創り出していたい」

と思っていますからね~(^_^;) 


nice!(6)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅

今年のクリスマス菓子「シュトレン」 [ ・美味しいもの]

今年も嫁さんがドイツのクリスマス菓子「シュトレン」を作ってくれました♪

これからクリスマスに向けて薄くスライスしたものをゆっくり味わいます(^^)v

DSCF2299t.jpg
■手作りシュトレン2014
材料の半量近く入っているドライフルーツとアーモンド。
表面には溶かしバターをたっぷり染み込ませた後、シナモンシュガーパウダー
でコーティングしています。

ドライフルーツは有機ワインに漬け込んだ、有機レーズンと有機クランベリー、
有機ゆずピールの2年物と1年物です。
そのため、時間が経つに連れてドライフルーツの味が生地に馴染んでいく
変化を楽しめます。

 

DSCF2290.jpg
■真ん中にあるのは何?
サツマイモではないですよ(#^^#)
平たく言えばアーモンド餡ですが、アーモンドパウダーと砂糖を2:1の割合で
ペースト状にしたもので、マジパンと言うそうです。

表面の粉砂糖にはシナモンがたっぷり入っているため、溶かしバターシナモン
香りが玄関と1階ダイニング部分に充満していました。

 

クリスマスにかけてじっくりと楽しむのは良いですが、とても高カロリーですから
くれぐれも食べ過ぎに注意ですね~(^_^;) 


nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -  ・美味しいもの ブログトップ