SSブログ
前の10件 | -

【初夏の青森旅(その2)】ねぶたミュージアム「ワ・ラッセ」 [ ・東北エリア]

5月末に実行した青森一人旅初日に訪れた、青森ねぶたの展示交流施設「ワ・ラッセ」
のご紹介です。

Photo_0.jpg
■女性ねぶた師 北村麻子さんのねぶた
前回放送のTBS「情熱大陸」で取り上げられたのが、唯一の女性ねぶた師である
北村麻子さんですが、情熱大陸を観て第6代名人の北村隆さんの実の娘さんだと
知りました。
二人の子供を身籠もった年も大変なねぶた製作をしていたと知り、とても驚きました。


Photo_11.jpg
■コロナを退治する雷神
女性の神様電母が災いの元凶を鏡で見つけて、この雷神が成敗する様子を表現
しているそうです。
2020年からのコロナ禍で、ねぶた祭りが開催されないことでねぶたが作れないだけ
ではなく、文化が途絶えるかもしれないと言う危機感に迫られていたわけです。


Photo_13.jpg
■北村 蓮明作
針金と和紙で作って明かりを灯したもので、いわば古来からある「提灯」なわけですが、
どれも圧倒的な造形美と彩色に息を飲みました。


Photo_12.jpg
イメージ図を元に木材で基本の骨格を作った後は、針金と糸で立体を構成して
いくわけですが、一般の建築設計とはまるで思考方法が異なる気がしました。
(少なくとも自分にはできる気がしなかったですね…。)


Photo_14.jpg
■内部の構造
木造の躯体部分は見せる必要が無いとは言え、針金の線で三次元の面を構成する
感覚がすごいです。


Photo_15.jpg
■現役ねぶた師による一連のねぶた作品
旅行計画を立てながらの旅でしたから、当初は立ち寄る予定が無かった「ワ・ラッセ」
でしたが、思いきって来て良かったです。

見学時間は1〜2時間程度、見込んでおけば大丈夫だと思いますから、青森駅エリアに
お越しになった際は、立ち寄られることをお勧めします。


次回は、2日目の午前中に訪れた「青森県立美術館」をご紹介する予定です。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

【初夏の青森旅(その1)】青森市内と陸奥湾 [ ・東北エリア]

6月から住宅会社の設計デザイン職として採用が決まったことで、約3週間のまとまった
自由時間を得ることができました。

「せっかくだからどこか行きたいところへ行ってきたら?」と妻が促してくれたため、
確かにそうだな〜!と思い、5月末と言う時期を考えると真っ先に浮かんだのが、
青森県の酸ヶ湯温泉と奥入瀬渓流でした。

早速、交通手段の検討を始めて、飛行機、マイカー、バス、鉄道で調べてみたところ、
東海道新幹線+青森新幹線乗り継ぎによるレール&レンタカーで各地を巡るのが
一番自由度が高いと思い、鉄道、駅レンタカー、宿の宿泊日程を確定するため、
最寄りのJTBカウンターへ。

こうして、新幹線と宿泊日程を確定させた後で、細かな行動の検討を行い、旅行計画を
策定していきました。

Photo_0.jpg
■青森市内の地元スーパーにて
浜松駅で8時台前半のひかり号に乗車すると、東京駅で青森新幹線に乗り継いで
新青森駅を降りたのは午後1時半。
早速、駅レンタカーでレンタカーを借りると、まず最初に向かったのは観光地では
なくて地元のスーパーマーケット。

スーパーに行くと、地元の方の暮らしと言うか食生活が何となく分かるからです。

Photo_1.jpg
■生ほっけ198円
生のホヤとかほっけと言うのが、青森らしいと思いませんか?


Photo_2.jpg
■青森駅周辺
スーパーマーケットを後にすると、まずは青森駅周辺のビジネスホテルにチェックイン。
初日は移動に半日費やしたため、青森駅周辺を丹念に散策することにしました。

最初に向かったのは、JR青森駅に隣接するA-FACTORYと言う商業施設。


Photo_3.jpg
着いて最初に食べた海鮮がハズレだったため、A-FACTORY内でアップルパイを購入。
これが意外に美味しかったので、以後、あちらこちらでアップルパイを食べまくる
ことになりました(笑)


Photo_4.jpg
■A-FACTORY内観
ここで夕方から夜までの行動計画を策定し、ホテルに戻るまでの散策経路を考え
ました。


Photo_5.jpg
■青森港と青森ベイブリッジ
北海道は何度も訪れたことはありますが、本州最北端の青森県は初めてなので、
陸奥湾を前にした時は気持ちが昂りました。


Photo_7.jpg
■青森港とその向こうに広がる陸奥湾
写真左側に見える黄色の船体の船は、青函連絡船の八甲田丸を利用した鉄道博物館
として利用されているそうです。


次回は、青森ねぶた祭り博物館の「ねぶたの家 ラ・ワッセ」を紹介致します。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

【伊勢志摩の旅】海の博物館/鳥羽市 [ ・愛知、岐阜、三重]

お伊勢さんを参拝した翌日は、鳥羽まで足を伸ばして内藤廣氏の代表作「海の博物館」を
訪問しました。

Photo_6.jpg
■海の博物館
 左側の巨大な赤い鉄扉があるのが展示A棟で右側は2003年に増築されたカフェ
テラスで、昼食がまだだったため、カフェで牡蠣のカレーライスをいただきました。


Photo_7.jpg
■池越しに見る展示A棟
元々は漁業振興と漁業文化の伝承のために設立された私設博物館だったものを、
寄贈を受けた鳥羽市が新たに整備し、1992年にオープンしたものだそうです。


Photo_8.jpg
■展示A棟の内部
展示A棟、B棟では、漁民の暮らしや海女さんの仕事が紹介されていました。
浜松は近くに漁港があり、プロの漁師さんもいますが、その生活を知る人は
多くありません。

映像や模型、実物展示で漁民の暮らしや仕事を多少ですが、知ることができました。



Photo_10.jpg
■展示B棟
展示A棟、B棟共に木造アーチ構造で、木造船を保存している「収蔵棟」は
PCa(プレキャストコンクリート)構造。


Photo_11.jpg
■収蔵棟内部
木造船を乾燥による劣化から保護するために、たたき土間とPCa構造としたそうです。


Photo_12.jpg
■収蔵棟内部
湿度が高いためややカビ臭く、日光の紫外線から守るために窓も展示照明も
必要最小限でした。


「海の博物館」は内藤廣さんの出世作であり代表作の一つとして有名ですが、
こうして訪れてみるとその凄さが良く分かりました。
もっと早く訪れるべきでしたが、来れて良かったと思いました。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

【伊勢志摩の旅】新たな旅立ちに向けて [ ・愛知、岐阜、三重]

4〜5月の2ヶ月間は5年ぶりの自由時間をいただきました。
4月は転職活動をしていましたが、幸いGW直前に某住宅会社で設計職として採用と
なり、6月から久しぶりに住宅設計の仕事をさせていただいています。

住宅業界は5年ぶりで戸惑うことも多かったですが、公共のランドスケープデザイン
に9年、非住宅設計に4年半従事した以外は、19年以上住宅業界にいましたから
昔取った杵柄とは良く言ったもので思ったよりも早く仕事に慣れました(笑)

とは言え、本業で住宅設計に携わるのは初めてですから、慢心せずに常にスキルの
向上をしなくてはならないと日々、奮戦しております。


Photo_0.jpg
■5年ぶりのお伊勢参り
建築設計を本業にしようと心を据えた5年前の4月1日。
家族全員でお伊勢さんへ朔日詣をしましたが、それ以来のお伊勢さん。


Photo_1.jpg
■まずは内宮参拝
2月の転職失敗から、一度しっかりと時間を取ることに決めて、この自由時間を
使って、お伊勢さんを参拝することにしました。



Photo_2.jpg
■猿田彦神社参拝
妻から「道開きの神様を祀る猿田彦神社を参拝してきた方が良いよ!」と促され、
初めて参拝してきましたよ。


Photo_3.jpg
■願掛け♪
御作法に則って(笑)
やるべきことをすべてやったら、最後は神頼み!

気持ちの問題かもしれませんが、50歳過ぎてガリガリの建築設計事務所へ移籍
できて、仕事をまっとうできたのもお伊勢さんのお陰かもしれないと思い、
悪い運気をすべて取り払いたくて、お伊勢さん参りをしました。


結果は、、、
若いスタッフから、「ムラマツさん、この日は空いていますか?」
「ヒアリングの進め方をレクチャーして下さい!」
「プランの仕方を教えて下さい!」
と忙しく過ごさせていただき、日々楽しく全力で仕事をさせていただいています。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

大規模停電への備え [ ・台風、水害対策]

梅雨明け宣言が早く、太平洋側の海水温も高いため、今年の台風は大型化する
恐れがあると思い、大規模停電への備えとしてポータブルバッテリーを探して
いました。

Photo_5.jpg
■ネットで注文、翌日配達
商品ラインナップが少なく、あまり知られていないメーカーですが、現状知る限り
最も要求に近い製品だったため、こちらにしてみました。


Photo_4.jpg
■開梱して電源投入したところ
極めて簡素な取説を読んでみると、蓄電量30%程度で出荷しているようです。
起動は電源ボタンを長押しするだけ。

バッテリー容量は2026Whなので、100W機器を20時間動かすことができる容量
ですが、通常は全量を使い切ることは出来ないし、バッテリー寿命が縮まるため
実際は80%程度が実容量となるようです。


Photo_3.jpg
■充電開始
電源コードをAC100Vに差し込むとすぐに充電が始まりました。
カタログスペック通り1100W近い入力を受け付けることが出来ているため、
充電所要時間は「72分」と表示されました。


Photo_2.jpg
■充電完了
モニター表示はかなり正確な印象です。


Photo_1.jpg
■手元を照らすLEDランプ搭載
防災用途のため、あると嬉しい機能ですね。
10年程前、資本業務提携していたD社の営業責任者から、

「家庭用ポータブル蓄電池に必要な機能は何でしょうか?」

と質問されたため「災害時の使用を考えるとLED照明ですね!」とお答え
しましたが、その考えは今でも変わっていません。


Photo_0.jpg
■冷凍冷蔵庫への通電試験
4年前の大停電で最も困ったのが、業務用冷蔵庫の食材保存と入浴でした。
幸い、太陽光発電設備を設置した翌年だったため、日の出と共に電力を得ることが
できたので、ガス給湯器に接続してシャワーを使えましたし、スマホの充電も
できましたし、冷蔵庫も動かすことができました。

その後、使い勝手が良く、バッテリー寿命が飛躍的に伸びたポータブルバッテリー
が出てきたため、いよいよ使ってみることにしました。


政府も他国も、温暖化の加速を公式には宣言していませんが、海水温が上昇し
天文学的な熱量を海が溜め込んでいるのは、既に観測されているわけですから
溜まった熱エネルギーは水蒸気や気流、海流によって極地へ移動せざるを得ない
ので、今後も豪雨や台風の大型化は進むものと考えて備えることにします。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

岐阜県関市のナイフメーカー訪問 [ ・愛知、岐阜、三重]

愛知県一宮市のアパートを引き払う前にどうしても訪れておきたかった会社の
商品企画担当者に会ってきました。

Photo_45.jpg
■新ブランドのブッシュクラフトナイフ
一宮市の建築設計事務所へ移籍する決意をした2021年11月3日夜にiPadの
Googleニュースに表示されたクラウドファンディングの画像に目を奪われ、思わず
購入を決めたのが、“Northern Land“と言うブッシュクラフトナイフでした。


手前の皮シースに入ったのが僕が購入したもので、点字ケース内の2本はメーカー
所有の2タイプ。
そして、ステンレス製のラジオペンチは1995年に米国旅行で購入した、レザーマンを
一躍有名にしたレザーマン・スーパーツールと言う多目的ナイフ。


Photo_49.jpg
■三星刃物株式会社/岐阜県関市
今回、このブッシュクラフトナイフを購入するまでこの企業のことは知りませんでしたが、
長年愛用しているレザーマン・スーパーツールの国内販売代理店で、一時期はレザーマンの
ナイフを製造していた時期があった刃物メーカーでした。


Photo_50.jpg
さりげなく書かれているLEATHERMANのロゴサインに思わず興奮しました!


Photo_46.jpg
■ゲストルームにて
2022年3月末と言うコロナ禍における微妙な時期でしたが、幸いにして直接
訪問することが可能となりました。


Photo_47.jpg
海洋冒険家の白石康次郎氏をスポンサードされているそうで、白石氏もこの部屋に
いらしたことがあるとのこと。
写真中央の展示ケースには、レザーマンナイフのフルラインナップが展示されていて
涎ものでした。

中でもブラックタイプがカッコよくて、お話を伺うと米軍で使用されていてシルバー
だと光を反射してしまうため、ブラック色が製造されているそうです。
米軍御用達と言うことで自●隊でも採用されているとのことでますます愛着が
湧きました。


Photo_48.jpg
三星刃物(株)の菱川さん
包丁とレザーマン製品を主力商品としている中で、新たにアウトドア用ブランドの
Northern Landを立ち上げ、フラッグシップモデルとしてブッシュクラフトナイフを
世に出すことになったそうです。

僕もメーカーで長年、商品企画と新規事業を担当してきたため、色々とお話を伺いたい
ことがあったので、最後にお会いできて本当に良かったです。
僕もいちユーザーとして、また商品企画経験者として今後のヒントなるお話をさせて
いただきました。


レザーマンナイフもブッシュクラフトナイフも、今後もアウトドアシーンで大いに
活躍してくれるでしょう♪


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

みんなの森 岐阜メディアコスモス [ ・愛知、岐阜、三重]

単身赴任を終えて妻と春の犬山城を訪れた後は、岐阜市内に進路を取り、
岐阜市立中央図書館のあるみんなの森 岐阜メディアコスモスへ向かいました。

Photo_34.jpg
■2階エントランスから
「知の拠点」の役割を担って、2015年度にオープンした岐阜市立中央図書館。
設計・監理は、伊東豊雄建築設計事務所。
今回6年ぶり二度目の訪問ですが、相変わらず感情を揺さぶられました。


Photo_32.jpg
郷土資料コーナーからレフェレンスカウンターを望む
屋根面から下がっているのはグローブと呼ばれるもので、トップライトによる
自然採光と暖気を排気する機能があり、場を構成する天井になっています。


Photo_33.jpg
平日にも関わらず賑わっている総合カウンター


Photo_31.jpg
ゆったりグローブ
一見するとベンチは柔らかくてくつろげそうですがかなり固いです(笑)

完成後、雨漏りが続き問題になっていたため心配していましたが、利用状況を
見ると何とか解決したようで安心しました。


とても意欲的な設計で「良くぞ実現させたものだ!」と関係者の苦労と努力が
にじみ出ています。


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

妻専用のPC購入 [ ・手づくりジャム屋]

2014年1月から自宅カフェを手作りジャム工房に業態転向して今年で9年目。

個人事業主の妻はこれまで、僕のデスクトップPCで仕事をしていましたが、
「もしもに備えて専用のノートPCを購入した方が良いよ!」
と言ってきました。

4月上旬に単身赴任を終えて自宅に戻った僕は、デスクトップPCのメンテナンス
をしていたところ、ラベルプリンタが全く動かなくなってしまいました。

「こう言うことがあるから、専用のPCを使った方が良いと言っていたんだよ!」

と教え、しぶしぶコンピューターを選びに行くことになり、近くのお店から順番
に回ってみましたが、無骨なビジネス用PCしかなく、なかなか妻の琴線に
触れるコンピューターに出会えませんでした。


「さてどうしよう・・・。
と困り果てて、スマホのGoogle先生に「近くのパソコンショップ!」と唱えると
これまでまったく気に留めていなかった、ヤマダテックランドが近くに出て
くるではないですか?(笑)

「そう言えばあったね!行ってみるか?」

と期待せずに行ってみると、ちょっと品揃えが違いました。
その中で僕が見つけたのが、マイクロソフトのsurfaceでした。

Photo_2.jpg
■ピンクゴールドのマイクロソフトsurface
展示してあったのはオーソドックスなシルバーのみでしたが、全3色が一台づつ
在庫しているとんこと。

開封してみることができないため、大いに悩んでいましたが、思いきってピンク
ゴールドを選んで購入し、自宅に持ち帰って開封したところかなり気に入った様子。


Photo_3.jpg
リンゴ社のPCをかなり意識していますね(笑)

Win11対応マシンでタッチパネル、SSDで起動は速いし、マシンスペックも
必要充分でした。
余計なソフトをインストールしなければ、安定して使えると思うので、予期せぬ
マシントラブルにも対応できそうで、取り敢えずホッとしました。



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

多治見市モザイクタイルミュージアム(その4) [■建築探訪]

4月上旬に訪れた多治見市モザイクタイルミュージアムの最終回です。

Photo_15.jpg
■様々なモザイクタイルの展示
3階の展示は、多治見市のおけるモザイクタイル産業の歴史紹介です。
様々なモザイクタイルの種類が壁と床に展示されていました。


Photo_14.jpg
■モザイクタイルのインテリア使用例
モザイクタイルは、水回りや外装での使用が多かったのですが、ユニットバスや
システムキッチン、洗面化粧台の普及により住宅での使用量が大きく減りました。

そのため、その他の室への利用を促すためにタイルの意匠性を活かして
ベッドルームに提案した例です。


Photo_13.jpg
■洗面室への使用例
洗面カウンターや水がかり部分の壁面にモザイクタイルを貼った提案です。


Photo_10.jpg
■シャワールームへの使用例
浴槽にお湯を張って入浴しないでシャワーだけで済ませる人も増えていますから、
その分、シャワールームに費用を割きませんか?と言う提案でしょう。


長年住設メーカーにいた者ですが、建築を生業とする身としてはタイルならではの
魅力が沢山ありますから、残って欲しい産業です。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅

多治見市モザイクタイルミュージアム(その3) [■建築探訪]

4月上旬に訪れた多治見市モザイクミュージアムの内部です。

Photo_22.jpg
■一気に4階まで上がるメイン階段
見学順路は、1階の受付で入場料を支払った後、この階段を使って前回ご紹介した
4階展示室まで一気に上がります。

階段の途中にある踊り場部分が、各階の展示室になっているので先に下から見学する
ことも可能です。


Photo_16.jpg
■モザイクタイルの流し(4階)
洗面や台所、あるいは外部にあったと思われるいわゆる「流し」ですね。


Photo_17.jpg
■モザイクタイルの壁画(4階)
大浴場かホールに飾ってあったと思われるモザイクタイルの壁画。


Photo_18.jpg
■モザイクタイルで化粧したかまど(4階)
ガスがまだ普及していない時代の一般市民のキッチンは、七輪を使用するのが
一般的だと思いますし、羽釜の大きさからして大きな厨房で活用されていたかまど
でしょう。

モザイクタイルで仕上げているのは、衛生上と清掃性の良さから採用された事例
ではないでしょうか?


当初は「タイル」と言う一般名称は使われていなくて、日本では「瓦」に分類されて
いたそうです。また、呼称も統一されていなかったため、全国で「タイル」と統一
したようです。

nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -