So-net無料ブログ作成
■建築探訪 ブログトップ
前の10件 | -

静岡県富士山世界遺産センター(後編) [■建築探訪]

先週末の秋の独り旅で行った「静岡県富士山世界遺産センター」の後編。

今回は、展示について簡単にご紹介します。

DSCF0755.jpg
■展示棟内のらせんスロープの内観
この建物は、中央の展示棟、北棟、西棟の3棟で構成されていて、富士ヒノキの
木格子で覆われた逆円すい形の展示棟内に入ると、全長193mのらせんスロープを
登りながら富士登山の疑似体験ができる展示になっています。

ゾーンによっては実際の映像ですが、例えば左側の上下に投影されているモノクロ
の映像は、精緻な背景イラストに「登山者の影」が歩く様子が投影されます。
そのため、自分自身の「影」と登山者の「影」が同期し、一緒に登山しているかの
ような体験型展示となっています。


予算と空間の制限があるから難しいとは思いますが、気温や匂い、風なども体験
できたら、更にリアリティのある体験型施設になったかもしれませんね。



DSCF0761.jpg
■カフェ&ミュージアムショップ
決して広くはありませんが、丁度良いバランスでレイアウトされている
と思います。



DSCF0763.jpg
■ショップゾーンからエントランスホール及び北棟見返し
何気なく撮影したショットですが、お気に入りの1カットです。
普通に撮影して絵になるところは「設計者として流石だなぁ」と思いました。
今の自分ではまだまだそのレベルに達していないですから。



そして、今回の旅でもっとも見たかったのは建築よりも「水盤」の方。

DSCF0765.jpg
■北側から
静岡県整備による「富士山世界遺産センター」がなぜ富士宮市に選べれたか?

以下は、ウィキペディアからの抜粋です。
富士宮市に選定された理由は、近接する富士山本宮浅間大社が浅間信仰の中心地
であること、建設地から他の構成資産との近さ(村山浅間神社や人穴富士講遺跡等)、
また中心市街地に位置しアクセス上優れていることなどが挙げられている。


ナルホドね~。
実際に訪れてみると、意外にも中心市街地に立地していて驚きましたし、
高さも想像していたよりも大きくありませんでした。
せっかく造っても人が来ないのでは意味がありませんし、少子高齢化を考えると
無駄に大きい施設よりも小さくても展示が魅力的であり、ランドマーク性も
求められる。

これら発注者側の要望に対し、設計者は的確に答えることでコンペに勝てたんだと
感じました。


【ご参考】
せっかくお越しになられたのであれば、近くにある富士山本宮浅間大社まで散策
されることをお勧めします。
東側を流れる神田川沿いに散策すればすぐです。流れる水はほぼすべてが富士山の
湧水ですからとても綺麗で気持ち良いですし、浅間大社に湧き出る「枠玉池」は
中々の景観だと思います。

nice!(5)  コメント(1) 

静岡県富士山世界遺産センター(前編) [■建築探訪]

「ビオトープのある研究所」も今月半ばより、建築、外構、ビオトープ工事に
入るため、気分転換を兼ねて富士山方面に一人旅をしてきました。

DSCF0746.jpg
■静岡県富士山世界遺産センター
今回訪れたのは、富士山がユネスコ世界遺産に登録された事を記念して、
富士宮市に建てられた静岡県富士山世界遺産センターです。
設計者はコンペで選ばれた(株)坂茂建築設計。

坂茂氏は本プロジェクトの設計者として選定されたすぐ後に、建築界の
ノーベル賞と言われるプリツカー賞を受賞しています。



DSCF0748.jpg
■ファサード
逆さ富士部分が地上部分の建築になる造形で、外装には富士ヒノキを
使用しています。

富士山部分の平面形状は正円ではなく楕円形です。
右側のエントランスから館内に入場し、円錐内部にめぐらされている延長
193mのらせんスロープを上ることで、富士登山の疑似体験ができる
展示になっています。


富士登山の経験はありませんが、海外旅行者や脚が不自由な方、体力や健康に
自信が無い方でも、季節や天候に左右されることなく短時間で富士登山の
疑似体験ができる観光施設と考えれば十分ありだと思いました。

次回は、内部の様子を簡単にご紹介します。

nice!(7)  コメント(2) 

築49年の住宅リノベーション物件見学 [■建築探訪]

「まるたま市」の会場でお世話になっている、浜松市中区肴町の丸喜屋商店さん。
乾物屋「丸喜屋商店」の若女将、三浦さんから住宅リフォームの自然素材について
色々と相談を受けたのが、今年5月の「まるたま市」の頃。

「リノベーション終わりましたから見学会をします!」

とfacebookで告知がありましたので、早速見学させていただきました。

DSCF7936.jpg
■RC造3階建ての3階にあるリビング
今回は床壁天井の内装仕上げと建具、照明、エアコンの工事を中心に行なったそうで、
ビフォーアフターは劇的に変化したことが伺えます。

築49年の鉄筋コンクリート造で、写真の大きな障子は全面東向きで、エアコンの効きは
悪いし、真夏は暑くてどうしようもなかったそうです。
相談された時は、温熱環境のことは何も言われていなかったので、諦めモードだったのか
工務店さんとの打合せである程度決まっていたのかはわかりませんが、気持ち良い
インテリアと快適な温熱空間にとても感激している様子でした。



DSCF7940.jpg
■障子を開けると
時刻は午後2時過ぎでしたが、窓のガラス面からは「放射熱」が押し寄せてきて、
「これは辛かっただろうなぁ~(@_@)」
と言うのが良くわかります。

放射温度計を持参するのを忘れましたが、ガラス面はゆうに40℃を超えていました。


今回、効果を感じたのはこの障子なんですが、太鼓張りと言って「枠」の表面と裏面に
障子紙を張ったものですが、熱伝導率の低い木製枠とは言え、決して気密性が高いとは
言えない障子紙を張っただけで、窓面からの遮熱が大幅に抑えられたことに驚きました。


我が家の1階ダイニングには、西側に大きな吹抜け全面がガラス窓になっていて、
真夏の日射対策に頭を悩ませていて、後張りの遮熱フィルムや遮熱ガラスを検討して
いましたが、もう一つの選択肢を得ることができました。



今回、設計施工を担当されたのは、浜松市西区大久保町の入政建築さん

DSCF7931.jpg
■自然素材について説明される新野社長(右側)
写真の床は天竜杉だそうですが、節が少ない特一等材を選ばれたため

えっ!これやっぱりスギなんですか?」

と聞き返したほど(笑)


気温35℃を超える中、タイトなスケジュールをおしてわざわざ行った甲斐が
ありました。

ご家族のプライベート空間を見学させて下さったオーナさん、説明下さった
入政建築スタッフの皆さまには感謝申し上げます。

「ラ コリーナ近江八幡」のランドスケープ [■建築探訪]

藤森照信氏の建築を見たくて訪れた「ラ コリーナ近江八幡」ですが、実際にその場に
身を置いて感じたのは、建築物よりも優れたランドスケープデザインでした。DSCF7614.jpg
メインショップ<草屋根>を抜けると、右側に見切れているのが、
カステラショップ<栗百本>で、その奥、中央よりが本社オフィス棟<銅屋根>です。



DSCF7555.jpg
こちらは、カステラショップ<栗百本>のエントランスへのアプローチです。
栗材の柱に支えられた大庇の下は、ご覧のようにベンチが置かれた休憩スペースに
なっています。
DSCF7620.jpg
本社<銅屋根>の前から、メインショップ<草屋根>カステラショップ<栗百本>
への見返しです。



DSCF7631.jpg
こちらは田んぼ中央の畦道から見た、本社<銅屋根>部分です。
ここで働きたいと思う若者も多いはずですから、リクルート上も有利ですよね。



DSCF7624.jpg
田んぼの中を覗き込む家族連れ。
僕達世代にとっては、懐かしい風景であり残したい風景なんですよね〜(*^_^*)

建設コンサルタント時代は、公共の公園でこう言う提案を試みた事があるのですが、
クライアント(行政の担当者)に提案する前に、直属の上司の理解を得ることが
出来なかったことに未だに悔いが残っていただけに、これは衝撃を受けました。



DSCF7629.jpg
こんな何でも無いように見える畦道ですが、今から20年前の公共施設では作る事が
意外に難しかったですねー。
と言うのも、やはり誰もが必然性を感じる事が難しいわけで、計画地周囲の条件が
とても重要だからです。

このプロジェクトは、クライアント企業の明確なビジョンがあって実現したことは
明白ですし、こういう企業理念にお客様も協力企業も絶対共感しちゃいますよ。



DSCF7621.jpg
本社<銅屋根>の対面に伸びる、芝屋根の回廊(名前は不明です)。
さてこの下はどうなっているのでしょうか?



DSCF7636.jpg
こーんな感じで、単なる芝の屋根なんですが、屋根面の芝生に散水しているため
とーーーーーても涼しくて快適なんです(*^_^*)


「少子高齢化経済の未来を良く見据えているなあ」

と言うことと、

「東京ディズニーランドと同じ!」 

だと強く感じました。


建築だけでも見る価値はありますが、この場の空気感はやはりその場に立たないと
絶対に伝わりません。
女性もお子様も絶対に喜びますから、旅行を兼ねて一度訪れることをお勧めします。


ラ コリーナ近江八幡の店内 [■建築探訪]

今回は「たねや」グループのフラッグシップストア「ラ コリーナ近江八幡」
店内です。

DSCF7610.jpg
■1階ショップ
冊子によると「たねや」のすべての商品ラインナップを購入できるそうで、
家族へのお土産はここで購入致しました。
「たねや」と言えば、食べる直前に皮で包む最中(もなか)や、一人前づつ
押し出せるトコロテンが有名で、お土産として召上った方も多いのではない
でしょうか?


DSCF7637.jpg
■エントランスホールの吹抜け
単なる吹抜けなら今さら誰も驚きませんが、「天井の黒い点は何だろう?」
と思いますよね。
近くで見てみたところ、「炭」でした。



DSCF7611.jpg
■ショップ2階
ホールの階段を上がった2階にはカフェ(吹抜け越しに見える部分)があり、
こちら側は飲食や待合いスペースとなっています。



DSCF7541.jpg
【オマケ】トイレの内装
ゴミ箱の一つ一つまで選定には吟味されていますから、小物一つ一つを
見るだけでも楽しめますよ~♪

【ラ コリーナ近江八幡「たねや」のフラッグシップ店 [■建築探訪]

近江八幡を訪問先に選んだもう一つの理由が、この「ラ コリーナ近江八幡」
体験する事でした。

と言っても、実際に訪れるまで「ラ コリーナ」の名前もうろ覚えな状況で、建築誌
やテレビで観たとしても、実際に目にし体験するまでは身体に染み込まないものだと
確信しました。

やはり建築もランドスケープも、その場に身を委ねないと絶対に理解はできない
ですね。
DSCF7607.jpg
■ラ コリーナ近江八幡のファサード
この建築の存在を知ったのは、「新建築」か「日経アーキテクチュア」だったと
思います。
建築史家で設計者の藤森照信氏は、天竜市にある秋野不矩美術館(1997年)や
掛川市のねむの木こども美術館どんぐり(2006年)など数々の話題作を
造ってきたこともあり、「いつか行くリスト」上位に上げていた建築物でした。



DSCF7559.jpg
■駐車場からのアプローチ
広い駐車場から正面エントランスへ向けて伸びるアプローチの周囲には、
グランドカバーとして、一面にクマザサが植えられています。



DSCF7538.jpg
■ピロティの下
店内で購入したお菓子を食べたり、団体客の待合わせをしたり、休憩をしたり
多くの来客を受け入れるための余白がそこかしこに用意されていました。



DSCF7537.jpg
■ピロティの下
こちらのルートは、バス駐車場や自転車駐輪場へアクセスできます。
ピロティの屋根を支える柱は、藤森氏が好んで使用する栗の木で、山で1本1本
選定したそうです。


近くまで来て屋根を眺めていてどうしてもわからなかったのがコレ。

DSCF7536.jpg
■屋根面から突き出している三角形のロッド
幾ら考えてもわからなかったのですが、日経アーキテクチュアで説明がされていて
ようやく理解できました。
材料は、SUS304 Φ10(未研磨)となっています。


藤森氏と言えば、草屋根なのですがそれは数々の失敗の歴史でもあり、それらの経験
が活かされていることが良くわかりました。

名称は、メンテナンスブラケット。
つまり、草屋根をメンテナンスするための足場板を掛けるブラケットなんですね。



次回は店内の様子、次々回で中庭のランドスケープについてご紹介する予定です。

無垢材インテリアの家 [■建築探訪]

今週は雪がチラつく岐阜市内に完成したばかりの住宅を訪問しました。

お施主さんは、某木製建材メーカーにお勤めの方と言うことで期待しながら
訪問させていただきました。

外観は一見すると見過ごしてしまいそうなほど、コンパクトで素っ気ない意匠
ですが、小さいながらも良くまとまったプロポーションを醸していました。


地場工務店の設計担当者の方に促されて、無垢の木製玄関ドアを開けると、
上質なオークの床材が張られた玄関ホールにハンス・J・ウェグナーの
名作椅子が待ち構えています♪

期待に胸を躍らせながら、室内ドアを開けると、、、

DSCF6330.jpg

大きな木製システムキッチンとダイニングテーブルが置かれた居心地の良い、
LDKが待っていました。

2階に上がる階段の手すりはフラットバーの製作で、華美ではなく木への強い
想いが感じられました。

 

今回訪問したお住まいには直接携わっておりませんが、私が企画した製品が
採用された物件で、使い方に一工夫がいるためご説明にあがあることに
なりました。

結局、ちょっとした配線工事の手違いだけでしたから、設計担当者さんに
幾つかご説明をし現場を後にすることになりました。

 

世の中には、お施主さんと設計者の組合せの数だけプランがありますから、
それを拝見するだけでも楽しいし、参考になりますね。
 


みんなの森ぎふメディアコスモス(内観) [■建築探訪]

今回も、伊東豊雄建築設計事務所の設計による、岐阜市立図書館の複合施設
「みんなの森ぎふメディアコスモス」の体験記です。

今回は、2階にある公立図書館部分の内観のご紹介です。

DSCF5772.jpg
■2階の図書館内部
はじめてご覧になった方はかなりビックリされたと思います。 
うねる木製の天井も驚愕ですが、「上部にある漏斗のような形状のアレは一体何?」
と思いますよね~。

 

DSCF5787.jpg
■名称は「グローブ」
主な機能は、トップライトからの光の拡散と春秋の中間期における重力換気を誘導する
ためのダクトとなるようで、素材は自己消火性のあるポリプロピレンの網にドット柄を貼り
込んであるそうです。

 

DSCF5799.jpg
■グローブ内の見上げ
トップライトからの自然光をやわらかく拡散してくれるていますね。
このドット柄をすべて確定する作業量を考えただけでも、気が遠くなりそうです・・・。

トップライト部分は可動式になっており開放すると、暖まって軽くなった空気が上部へ抜けて
いくわけですが、それがキチンと機能しているそうです。

このグローブのお陰で、同規模の建物と比べて空調と照明の消費エネルギーは半分に
低減できているそうです!!!

 

さらに・・・

DSCF5775.jpg
■「ゆったりグローブ」の内部
グローブは、空調ダクトであり、天井からの自然光を拡散させるシェードである
だけでなく、空間をゾーニングする機能も持っています。

 

DSCF5777.jpg
■ゆったり座れるベンチ
実際に座ってみると座面はかなり硬くて、腰を落としたところ「ゴツン!」と言う音が
して少し痛かったです(笑)

ご覧のように上部にある「グローブ」が、蚊帳(カヤ)のように囲んでくれているお陰で
安心感と言うか包まれている感じがしてとても心地良かったです。

これでテーブルに美味しい珈琲を持ってきて飲めたら言うコトなしです。

 

年間利用者数は、100万人を超えたそうですがご覧のように席数にもゆとりがあり、
気持ちよく利用できました。 

DSCF5781.jpg
■窓際の「閲覧デスク」
間近に迫る山を観える閲覧デスクには、たくさんの若者が陣取って勉強をしていました。
「みんなの森ぎふメディアコスモス」の開館により、新規登録者数1万6,500人増え
その40%が22歳以下だと言うのも頷けます。 

 

この施設は、70社からの設計コンペで選ばれた案だそうですが、良く現できたものだと
感心しきりです。 

全国からの視察も多いのも頷けますが、建築が好きな方は是非一度足を運んでご自身で
体験していただけたらと思います。


みんなの森ぎふメディアコスモス(前編) [■建築探訪]

昨年、2015年7月18日(土)に開館した岐阜市立図書館を核とした複合施設である、
みんなの森ぎふメディアコスモスを訪問することができました。

日経アーキテクチュアの記事でこの建物のことを知り、非常に衝撃を受け、気候の良い
時期に訪れたいとタイミングを図っていましたが、この時期の隙間を狙って半日ほど
空間を体験してきました。 

DSCF5805.jpg
■ファサードとメインエントランス
左手の黒い屋根の建物は、カフェスペースとなっていて今年4月からスターバックスが
3ヶ年の契約で運営しているそうです。

新館のオープンに伴い昨年閉館した旧本館は、築50年を経過していたようで蔵書数、
床面積、駐車場などが整備されていなかったことから、年間の利用者数は5万人程度
だったそうです。


そんな問題を抱えていたとは言え、新たに開館した新図書館の年間利用者は100万人
を超え、新規登録者は1万6,500人でその4割は22歳以下だそうです。(wiki情報)
延べ面積が旧館の2,000㎡から9,400㎡の4.7倍になったとは言え、利用者を20倍にする
には面積や蔵書だけでは実現できません。


建築については、とても意欲的な取組みがなされており、それだけでも十分に訪問する
目的になりますが、企画段階ではなかなか理解され難いもの。

スタッフ数も20人から71人と大幅に増えていますから、運営費の増加も問題視されたかも
しれませんが、利用者数と利用者の声があればそれも問題にはなりにくいでしょう。

 

DSCF5816.jpg
■ランドスケープ
元ランドスケープデザイナーとしては、こういうところも着目していました。
丁度紅葉の時期だったこともありますが、とても気持ち空間に仕上がっています。


後編では、建築の内部空間について触れてみたいと思います。 


「渡辺篤史の建もの探訪」はオンライン配信で見れます! [■建築探訪]

いつもnice!を押して下さる、東京のイケてる建築家 石川淳さんが設計された
住宅が「渡辺篤史の建もの探訪」で先日放映されましたが、浜松では放送されていない
ためここ数年観れていなかったのですが、時代の波なのか最新放送分に限り
CM付きでオンライン配信されていることを石川淳さんのブログで知りました。

DSCF4678.jpg
■新しいプロジェクト
11年前に完成した「田舎暮らしの現代民家」をご覧になった施主さんからの
ご紹介でした。
お施主さんの元同僚だったそうで、家に遊びに行って気に入っていただけたとのこと。

最初の面談は3月。
その後、初回プランで合性を確認し、正式に依頼いただき2ndプランを経て、段々と
要望が絞り込まれて、プラン6-Bで案がほぼ確定してきたところで、手描きラフから
CAD図を描き起こすところです。

 

作業に入るその前に、石川淳さんがブログで紹介されていた「ハコノオウチ07」
動画を拝見することに。 

DSCF4684.jpg
■取材協力のキャプション
「渡辺篤史の建もの探訪」は、建築家ではなく建物のオーナーさんが主役ですから、
出演もオーナーさんだけで建築家の名前が番組の中で呼ばれることは少ないのですが、
さすが常連の石川さん。

篤「石川さんとの出会いは?」

オ「実はこの番組でした!」

と奥様。
子供の頃からこの番組が好きで観ていたそうで、年齢的にもステージ的にも住まいを
建てられる時期に、石川淳さんを知り依頼されたそうです。 


コンセプトを変えずに、建物の良さ、家作りのプロセスを地道に楽しみながら紹介し続けた
渡辺篤史さんと番組スタッフの賜物でしょうから嬉しかったでしょうね~\(^o^)/ 

 

「ハコノオウチ07」は建坪10坪、延べ面積27坪の狭小住宅ですが、空間を上手に
活用されて素晴らしい住まいを創造されており、大いに刺激をいただきました!
 


前の10件 | - ■建築探訪 ブログトップ