So-net無料ブログ作成
 ・New_ビオトープのある研究所 ブログトップ
前の10件 | -

台風後の点検 [ ・New_ビオトープのある研究所]

今回の台風19号は、予想通り甚大な被害をもたらしました。

進路が当初の予報よりも東ルートを通ったため、浜松方面への直撃は免れたお陰で
静岡県中西部では大きな被害の報告は聞いていません。

中心気圧と大きさから防風を懸念していましたが、実際は進路の先で大雨を降らせる
形となり、沿岸部よりも内陸部での豪雨により大河川の流下能力を超えました。


今回は偶然、東よりのコースを通った結果であり、昨年のように西よりのコース
であれば、天竜川が千曲川と同じ惨事になっていたかもしれないのでとても
他人事とは思えません。


温暖化は気温上昇と言うイメージが強いですが、実際は海水に太陽エネルギーが
蓄えられることで起きるわけですから、台風のエネルギー源が温かい海水温である
以上、台風の大型化や雨季の大雨は常に起こりうると言う認識を持つべきでしょう。


さて、、、

台風で心配していたのは自宅だけではなく、これまでに設計させていただいた
住宅や建築もやはり心配が付きまといます。

今回は、今年7月末に完成したばかりの「ビオトープのある研究所」の雑木の庭が
風で倒れていないか?建物に損傷を与えていないか?ビオトープ池の魚は無事か?
と気になっていたため、台風一過の朝、応急処置の準備をして自主点検に向かい
ました。

DSCF3599.jpg
■台風一過 ※2019年10月13日 9時半
雑木も建物もビオトープ池も大丈夫で一先ず「ホッ」としました。

一巡してみたところ放流した魚もほぼ無事でした。


せっかく来たので魚の様子などを細かく見ていると、クライアント社長より
声を掛けられました。



DSCF3609.jpg
案内をしてくれるオーナー社長

「実は樹が4本倒れていたんだけど、ゼネコンのY監督と造園屋の大将が
 見に来てくれて、応急処置をしてくれたんだよ♪」

この対応にも正直「ホッ」としました。


言われて対応するのではなく、自ら対応してくれればより信頼につながります。
施主にとっては大きな買い物ですから、建設業ではこうしたアフター対応が後々
大きく返ってくるんです。

問題は逃げずに誠心誠意対応することでしか解決できません。
設計担当者として最も心配していた事が杞憂で終わって良かったです。


被災された方々も何とか乗り切っていただけたらと思います。

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

ビオトープを再定義する [ ・New_ビオトープのある研究所]

今から丁度2年前に「ビオトープのある研究所」の設計担当者となり、打合せを
進めていくと「ビオトープ」をキチンと定義出来ていないことがわかりました。

お施主さんは、人生において自分よりも大先輩である上、経営のトップです。
設計担当者として適任では無いと判断されれば、即座に交代となります。

幸いにしてこれまで担当者として駄目だと言われた事はなく、むしろ問題物件の
代打として事態を収束させる役割りを担う事が多かったので、お施主さんの
言葉を真摯に聴き、その言葉から本当の要求を引き出す事に時間を割きました。


幾度となくイメージの擦り合わせをし、お互いの理解が深まったところで
実施設計図を作成し、施工会社選定のためゼネコン各社に見積り依頼をすると
思った通り「ビオトープ」の認識が間違っていました。

従来のビオトープの認識は、「池」や「湿地」と言うモノ

であるのに対し、僕が提案したのは「人為的に作った自然環境と生態系」。


「池」や「湿地」などの構造物ではなく、概念的なものであるため理解しにくい
ものでしたから、ここは急がずに時間をかけて理由や考え方の共有を図って
いきました。

しかし、工事で造るのはやはり構造物ですから、写真などの映像では
こんな風に表現されます。
ビオトープの定義1.jpg
■2019/9/29 早朝の様子
水の中の魚の様子や野鳥が来た様子は前回、前々回の記事にした通りですが、
建設行為によって得られた物はこんな風に見えるだけになります。


しかし、都田川中流部のワンドに生息する水生生物を保護すると決めた事で
護岸や河床、池底の構造が決まり、玉石の大きさや配置、水流の速さが
決まってきました。



ビオトープの定義3.jpg
■ジャカゴ護岸
鉄線で編まれた網籠に大き目の割栗石を詰めたものを蛇籠(ジャカゴ)と
言います。本来は河川の護岸保護のために使用されるものですが、水生生物
にとって最も重要なのは水縁の構造と多様な環境です。

モロコやモツゴのような小さくて弱い魚は、外敵から身を守る場所がとても
重要です。このように身を隠す場所がそこかしこにあれば、魚の数は爆発的に
増えるはずと考えましたが、1ヶ月で正しかった事が裏付けられました。


以上は、ビオトープを再定義した経緯ですが、水田環境を再現したビオトープ
も決して間違いではありません。
しかし、企業の目的からすると、水田ビオトープの場合、地域性を訴求したり
来客の反応を考えると弱いものがありました。(やり方があります)

完成後のお施主さんの反応を見ると、僕の考えを100%理解されていたわけでは
ありませんでしたが、僕の説得に理解していただいた結果、水生生物が自然繁殖
できる環境となり、お施主さんが期待していた以上のビオトープが出来たと
言っていただけました。

nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

ビオトープのその後② [ ・New_ビオトープのある研究所]

今回は、お引渡しの日にビオトープ池へ放流した魚達のその後の様子です。

放流した魚は、昨年10月末に都田川水系ため池改修時に保護したもので一年近く
専門業者に預かって貰いました。
(ため池の魚を捕獲保護する際は、ため池管理者の許可をいただきました)

淡水魚専門の業者さんだったのは設計監理する側にとっても幸いで、生き物なら
ではの様々なアドバイスを得る事ができました。

魚類2.jpg
■魚の様子
基本的に臆病な魚ばかりのため、撮影の際は木道にしゃがみ込んで撒き餌で
魚を集め、大きな動作をしないように配慮して撮影しました。

生憎、水中カメラを持っていないため、水面からの反射光が入りにくいよう、
上から見下ろすようにして撮影し、撮影データの補正をして見やすく加工
しました。


この写真に写っている魚の種類ですが、鱗がハッキリとわかる大き目の魚は
オイカワで50匹ほど放流しています。日本各地の河川中流部で普通に見られる
魚で、秋冬になると綺麗な婚姻色で人気のある魚ですが、泳ぎ回る魚のため水槽
では飼育しにくいのですが、十分な広さがあるため元気に育っています。

その他の小さな魚は、タモロコモツゴで合わせて1500匹程放流しました。



魚類3.jpg
■水路部分の魚影
このプロジェクトでは、研究所棟をぐるっと囲むようにビオトープ池を
巡らすことを要求されたため、ビオトープ池とビオトープ池をジャカゴ護岸
の水路で繋いで水を循環させ、緩い流れを設けました。

水流を設けた理由は、様々な水生生物が生育できるようにするためですが、
ボウフラの発生を抑制する効果もあります。


ジャカゴ護岸には大き目の割栗石をすき間を設けて詰めてあり、小さな魚が
いつでも外敵から身を隠せるようにしました。
ジャカゴの効果は絶大だったようで、十分な水量と適度な水流のある環境は魚達
にとって安心して住めると感じたのか、放流後すぐに産卵をし、想像以上に
多くの稚魚が育っていました。

現在の水生生物は、まだ魚類だけですが生物多様性の観点からすると、
貝類やエビカニなどの甲殻類なども入ると、自然環境としてはより安定する
ため、少しずつ助言していければと思っています。

nice!(6)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

ビオトープのその後① [ ・New_ビオトープのある研究所]

建設工事としての「ビオトープ」が完成し、お引渡し日に魚類を放流してから
2ヶ月が経過しました。

「魚が産卵して稚魚が10倍位に増えたよ!」

とお知らせを受けたため、状況確認のため撮影をさせていただきました。

ハクセキレイ1.jpg
■野鳥
「えっ、魚じゃないの?」と思われたかもしれませんが、今回は訪れていた
野鳥のご報告です。
知り合いに見て貰ったところ「ハクセキレイじゃないでしょうか?」とのこと。

尾羽をピョンピョンと上下させる特徴があるので、セキレイの仲間だとは
思います。


ハクセキレイ2.jpg
■野鳥
上記と同じ鳥です。
一つ申し上げたいのは、ここは元々台地にある農地でした。
決してどこかの河川の川原ではありません。
人為的に造成した自然環境(=ビオトープ)だと言うことです。



ハクセキレイ3.jpg
■水辺の野鳥
僕は木道上に座り込んで、210mmの望遠レンズで撮影した光景で、
ビオトープ導入の一つの効果と言えます。


スズメもツバメも野鳥ですが、今までは来なかった野鳥が訪れるようになった
わけで、企画者として一先ず狙った方向性には向かっているようでしたので、
魚類の前にご紹介させていただきました。

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

放流した魚が産卵、ふ化して稚魚が増えた♪ [ ・New_ビオトープのある研究所]

7月26日の完成引渡し日に昨年秋に保護しておいた、モロコモツゴオイカワ
放流しました。

DSCF3184.jpg
水中のモヤ~と見える部分が放流された魚群です♪

大きさは5~6cmしかありませんから、1500匹以上と言っても想像したほど多くは
感じられませんでした。


それから3週間を経過した夏期休暇明けのこと。
クライアント社長より近況を知らせるメールをいただきました。

「放流した魚が産卵したようで、たくさんの稚魚があちこちで見られるように
 なりました。印象としては10倍位に増えた感じがします。
 社員も喜んでいて、ビオトープを造って良かったです。」

と言う嬉しい報告をいただきました。



内覧会.jpg
※イメージです
この写真は魚を放流する前の関係者内覧会で、うちの家族に完成後のイメージ
写真を撮影するためにモデルになってもらったものですが、こんな感じで
魚が泳ぐ様子を観察できます。

つい先日は、僕が植えたアシ(葦)の他にガマ(蒲)を植えられています。


僕にとっての想定外は、猛スピードで群泳するオイカワの他、モツゴ、タナゴの
群れがエサを追うシーンを見れたこと。

それと、小さな魚達がジャカゴの割栗石のすき間に身を隠したり、出入りする
様子が確認できて、計画通りに自然環境ができつつあるためホッとしました。

言葉で表現するのは中々難しいのですが、子供の頃から川に立ち込んで釣りを
してきましたが、目にしたことが無い光景で小さな魚ながら大人でも興奮
すると思います。


工事前に放流する魚を決めた事で、それらの水生生物が棲みやすい環境に
変更した事が功を奏したようです。小さな魚達がジャカゴの割栗石のすき間に身を
隠したり、出入りする様子が確認できて、計画通りに自然環境ができつつあり
ホッとしました。


クライアント社長は「想像を10倍超えた!」とおっしゃいましたが、やはり
実際にやってみないと分からない事ばかりです。

自然環境が落ち着いてきたら、淡水エビ、マシジミ、ハゼ科の魚なども増やし、
多様な自然生態に近づけていただきたいですね。

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

魚の放流 [ ・New_ビオトープのある研究所]

完成引き渡しの前に、保護しておいた魚達をビオトープ池へ放流しました。

DSCF3178.jpg
■イシガメ
今では中々目にする事ができなくなったイシガメをオーナー自ら池に放流。

子供の頃は良く見かけましたが、最近目にするカメの殆どは外来種のクサガメばかり。
雌雄はわかりませんが、末永く元気に暮らして欲しいと思います。


DSCF3194.jpg
■イシガメの擬態
イシガメはその名の通り石に似ているため、どこにいるか分からないと思います。
水中でじっとしていても、息継ぎのため時々鼻づらを水面に出す仕草がとっても
可愛良いんですね♪



DSCF3180.jpg
■水合わせ中の魚達
魚は水温の変化に弱いため、放流する前にこうして水温を合わせてあげる
必要があります。
すべて合わせると千匹近い地場産のモロコ、モツゴ(クチボソ)が入っていて、
小さめのオイカワも50匹程度います。
保護中は大きくなり過ぎないよう、必要最小限に止めていたそうです。



DSCF3184.jpg
■モロコ、モツゴの放流
弱い魚の習性らしく、群れなして泳いでいきました。

「ようやくこのビオトープに魂が入りましたね!」

と僕が言うとオーナーは、

「本当にそうだね~!」

ととても楽しそうに頷き、魚やカメが泳ぐ様子を追っていきました。


ビオトープは池や湿地の事ではなく、人為的に再生させた生態系の事ですから、
自然が落ち着いて人の手が要らなくなるまでの面倒を見てあげなくては
いけません。
僕自身のライフワークとして、これからも携わって行きたいと思います。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

完成引渡し前の社員内覧 [ ・New_ビオトープのある研究所]

開発行為の検査も少しの是正工事で済む事になり、開発の検査済証が下り、建築の
検査済み証も発行される事になります。

そうすれば予定通り目的物のお引渡しとなるわけですが、本社や仮事務所に勤務して
いるスタッフさんが新しい職場の内覧にいらっしゃいました。

私は途中までしか同席しませんでしたが、後ほどお施主さんの社長からお電話があり
スタッフさんにはとても好評だったそうで、「良くも造ったものなぁ」と言う声も
あったそうです。

DSCF2887.jpg
■来客ゾーンの廊下

設計担当者としては、その建物を使用される方の評価が一番の励みになりますし
反省材料になるわけですが、折れずに頑張って良かったと思ったところです。


残すはビオトープ池に都田川水系で保護した魚類を放流し、建設会社さんによる
引渡し書と取扱い説明に立会い、一先ずは業務完了となります。

nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅

建築に「緑」が与える影響と効能 [ ・New_ビオトープのある研究所]

先週土曜日は、僕が所属する設計事務所スタッフの見学会となりました。

建築については僕よりもベテラン揃いですが、デザインされた「緑」を体験する
機会は無かったようで、木道をゆっくり歩きながら色々と感じたようでした。

DSCF3154.jpg
■完成後


DSCF8551.jpg
■着手前
今回は耕作されていなかった農地を宅地に転用して研究所を建築したわけですが、
単に農地を潰すのではなく、利用されていなかった農地を有効活用するという、法律
本来の趣旨に則った開発行為となったと自負しています。

上記はあくまでビジネス視点での目的なわけですが、イチ市民として見た場合、開発
行為で求める緑化基準以上に落葉広葉樹でランドスケープをコントロールした事に、
設計者が人間のとして、イチ市民としてどう感じるかが大切だと思います。


元ランドスケープデザイナーとして建築に携わっている自分が、このブログで一貫して
伝えたいことが一つ形になったプロジェクトとなりました。

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:住宅

役所の基準を大幅に超えて緑化する理由 [ ・New_ビオトープのある研究所]

外構工事が完了したため、晴れ間の差した時間に外構の完成写真を撮影し、
市役所の緑地課に「緑化完成届」を提出してきました。

DSCF3162.jpg
■エントランス
芝生広場の下には150㎥超のコンクリート製調整池が埋設されています。
土被りが確保できないため芝張りとし、囲むように中高木の植栽を施しました。

ゲストは落葉広葉樹主体の優しい樹林に導かれるようにエントランスへ
向かいます。



DSCF3164.jpg
■水源の水景
建物西側には千㎡近い屋根で受けた水が湧き出る池(水源)を雑木林で囲んだ
水景の中を歩けるよう、天竜杉の木道を巡らしています。



DSCF3168.jpg
■南側
幅が狭いため、池と言うよりも流れのように修景しました。



DSCF3172.jpg
■道路から見た水源の景色
外周部はH1200程度のメッシュフェンスで囲んでいるだけですから、散歩する
地域住民の方にも楽しんでいただけます。


これらの完成写真と緑化面積の計算書、緑化率を記載した工事完了届を提出したわけ
ですが、事前協議で担当された方がまだいらしたため直接説明しました。

すると、「事前協議の時からとても気になっていました。こんなに緑化される
事業者さんはいないので、どうしたらもっと緑化率を向上できるか思案していました」
とのこと。


話しを聞いてくれそうな方だったこともり、このクライアントさんがなぜ緑化基準の
15%を大幅に上回る緑化をしたのか、幾つかの観点にわけて30分近く説明しました。


緑化(植栽工事)による事業的なメリットは幾つもあるため、上位3つを中心に
説明しましたが、すぐにはピンと来なかったようです。

一言で言えば、緑化を「経費」と考えるか「投資」として考えるかの違いです。


ビオトープを設ける場合の多くは、広報広告費ですから建設事業費の2~3%程度。
多くても5%程度でしょう。
さらに、一年を通して管理経費が必要となりますから、経費=無駄な費用と
考える経営者が殆どだと思います。

また、潤沢に資金がある企業でも合議制の経営では、2割程度が否定論者で
6割が意見を持たない事が多いですから、大企業でも実現は難しい。


最初の一歩を踏み出せるのは、明確なビジョンを持ち、10年先の未来から今何を
すべきかを問えるバックキャスト思考の経営者でないと、新しい事を実現するのは
まず不可能です。

僕はそのビジョンを共有し、経費をできるだけ小さくし効果を大きくできるよう
設計することに配慮しました。

nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:住宅

関係者向け内覧会 [ ・New_ビオトープのある研究所]

雨空の間隙を縫ってようやく外構工事が終わったため、開発許可の工事完了届けを
提出したのが金曜日の17時。
後は、1週間の書類検査期間後に現場での検査に臨むだけです。

工事内容的には滞りなく終えて問題ないはずですから、後は引き渡しに向けてダメ周り
の補修や設備系の最終調整を行っているところです。


一方で、今回の設計では未経験の技術が多かったため、色々な方に助言をいただき
ましたから、ゼネコンさんの許可を貰い1時間程度の特別内覧会の場を設ける事に
しました。
DSCF3128.jpg
■東側の木道
まだ湿生植物がなく水生生物もいないため、生命感は殆ど感じられません。

ビオトープとは、失われた自然を人為的に再生する試みですから、これから長い
年月をかけて自然に再生産される生態系を育む事になるわけです。



DSCF3132.jpg
■南側の木道
3千㎡弱の計画地中央に千㎡弱の平屋の研究棟を建て、ぐるりと囲むように700㎡の
水辺景観を造成しました。

高さ7mから2m弱の落葉広葉樹を主体に200本以上、その他にも低木やグランドカバー
を数百株植えています。

今年はまだ樹幹が小さいですが、来年春までにしっかり根を張ってもらえば今の倍
以上の葉が茂るようになります。



DSCF3153.jpg
「あっ、あそこに魚が泳いでいる~!」
と言うシーンを演じてくれました(笑)

今月末には地域産のクチボソやモロコ、オイカワを1500匹放流する予定です。
いずれ様子を見て、淡水のマシジミやハゼ科の魚、ヌマエビの類も追加したいと
思います。


正解中から訪れたゲストが日本らしい自然に触れてもらえると嬉しいですね。


魚の放流の様子はまたご報告しますからお楽しみに!

nice!(3)  コメント(1) 
共通テーマ:住宅
前の10件 | -  ・New_ビオトープのある研究所 ブログトップ